果樹の樹体や資材の点検・補修等を確実に実施し、暴風雪や大雪に備えましょう!

農林水産省HPより

 

情報収集

  • 最新の気象情報、警報、注意報を常にチェックしましょう。

 

降雪前の準備・点検

  • 早期の摘果・せん定、支柱等による枝の補強、防風網や果樹棚、マルチ資材等の点検・補修・補強に努めましょう。
  • 特に苗木・幼木や改植後間もない若木については、結束して樹冠を縮める、支柱により接木部を補強する等の対応を講じましょう。
  • 多目的防災網は、施設及び樹体の被害を回避するため、あらかじめ支柱から外しましょう。
  • 積雪時の野そ被害を低減するため、樹幹へのプロテクター等の巻きつけ、忌避剤の塗布や散布、殺そ剤の投与に努めましょう。

 

被害拡大防止のための対策

  • 安全が確保できる範囲で、樹園地を見回り、枝等の除雪を行いましょう。
  • 被害程度に応じて、折損した枝の修復や被害果の摘果及びせん定を実施するとともに、強風による倒伏や枝裂けが起こった場合には適切な処理を行いましょう。
  • 雪に埋まった枝は沈下しないうちに可能な限り掘り起こし、困難な場合は、スコップで雪に切れ目を入れるか、樹冠下の雪踏みを行いましょう。
  • 落下した果実は、農薬散布から収穫までの経過日数に留意し、必要に応じて低温保管、選別の徹底、早期出荷等に努めましょう。
  • りんごは、果汁のパツリン汚染を防止するため、土壌に触れた果実は、原則、果汁原料用に利用しないでください。やむを得ず利用する場合には、早期利用、低温保管、腐敗果の除去等に努めましょう。

 

寒害対策

  • 低温に弱いかんきつ類等の常緑果樹は、次の点に留意しましょう。

1.寒冷紗や不織布等で被覆し、樹体が直接寒風にさらされることや樹体の凍結を防ぎましょう。
2.特に苗木、幼木や改植後間もない若木は寒さに弱いため、コモや不織布等で樹体を保護する等の防寒対策に努めましょう。
3.土壌の過乾燥を防止するために、かん水が可能な場合は、かん水を行いましょう。
4.防風垣や防風網を設置している場合は、裾の部分の巻き上げを行い、冷気の停滞を防止しましょう。
5.敷わら栽培では、地表面での熱移動が妨げられるため、敷わらの全面被覆は避けましょう。
6.収穫・出荷期を迎える中晩柑等は、異常低温が予想される前に収穫適期の果実を収穫しましょう。
7.寒害等によりヤケ、苦味、す上がり等の果皮・果肉障害が発生した場合には、出荷時にこれらの果実の混入防止に細心の注意を払いましょう。
8.冬期に開花から結実を迎えるびわは、通常の袋掛けの上にアルミ蒸着袋を重ね掛けするなど、幼果の保温対策に努めましょう。

  • 落葉果樹は、凍害のおそれがある場合には、主幹部への白塗剤の塗布、わら巻き等の防寒対策を行いましょう。

 

関連情報(リンク)

 

お問合せ先

農林水産省

生産局園芸作物課

担当者:光廣、五島
代表:03-3502-8111(内線4793)
ダイヤルイン:03-3502-5957
FAX番号:03-3502-0889