今日の三里浜午前中は、曇り空で風もそよ風が吹き、絶好の研修日和です。

現在生産の伸びが激しい、ニンジンの将来を考えるうえで、

「坂井地区園芸タウン推進協議会ニンジン部会」と「三里浜砂丘地営農推進協議会」の合同主催で、

ニンジン栽培にかかる整地均平作業・播種機・自動潅水施設・遠隔自動潅水装置などの実演会を開催しました。

開会時、参加者が少ないのでヤキモキしているうち徐々に参加者も増え、

企業の方、県の関係者、報道関係者それに新規就農者・農家さんを含め、

約40名近くの方にお集まりいただきました。

最初は、米納津地係の農地で、整地均平作業と播種機の実演です。

GPSの位置情報システムに、県が開発したGNSS補正情報を併用し、2㎝位までの誤差の範囲を整地できます。

同圃場で、トラクターに播種機を装着したもので播種の実演です。

 

 

 

次に会場を、山岸地係の圃場に移し「土壌灌水システム」の実演です。今ある土壌の水分濃度をセンサーが感知し、潅水するシステムです。

これらは、スマートフォンやタブレット端末を活用して自動で灌水できます。

実演会の様子、紹介しました。