梅雨時期の農作物技術対策を徹底しましょう

福井県HPより

 

梅雨時期の農作物技術対策について 

令和3年5月25日
福井県農業総合指導推進会議

 

気象台の1ヵ月予報によると、降水量は平年並みか多く、日照時間は平年並みか少ない見込みであり、農作物の生育等への影響が懸念されますので、適切な対策をお願いします。

 

○対策のポイント
1 水稲は、いもち病の発生有無を確認し、発生した場合は直ちに薬剤防除を行う。
2 麦・大豆は、天候に留意しながら、適期作業(収穫、耕起・は種)を行う。
3 野菜・果樹・花きは、排水溝や明渠の掃除、手直し等により圃場の排水を促すとともに、
雨の切れ間をみて、薬剤防除を行う。

 

1 水稲

・いもち病の発生源となる補植苗は必ず除去する。
・いもち病の発生を確認した場合は、直ちに薬剤を散布する。

2 麦・大豆・野菜・果樹・花き 【共通対策】

・明渠は排水口とつながっているか確認し、必要に応じて手直しを行う等、圃場排水に努める。
・施設内に水が侵入した場合、排水ポンプ等で速やかに排水を行うとともに、換気を十分に行い土壌の乾燥を図る。
・マルチを行なっている畝が冠水した場合は、マルチをはいだり、畝肩の部分までめくりあげたりして、畝の乾燥を促す。

 

3 麦

・気象予報に留意し、計画的に適期収穫を行う。
・赤かび病が発生した麦や倒伏した麦は、別刈りする。

 

4 大豆

・圃場の排水溝が大麦の収穫等で壊れた場合は早期に手直しをする。
・気象予報に留意し、計画的には種を行う。

5 野菜

・気象予報に留意し、降雨前や雨の切れ間をみて、予防防除を徹底する。
・スイカ等は果実シートを敷いて、果実の下に水が溜まらないようにする。

作目ごとに懸念される病気は以下のとおり。

作目 発生が懸念される病気
ネギ 軟腐病、さび病
トマト 青枯病、葉かび病、灰色かび病
スイカ、メロン 炭疽病、つる枯病
タマネギ べと病、灰色腐敗病
ブロッコリー 軟腐病、黒腐病

 

6 果樹

・気象予報に留意し、降雨前や雨の切れ間をみて、予防防除を徹底する。
・ナシの黒星病が発生した場合は、罹病果実を園外に持ち出し処分する。

作目ごとに懸念される病気は以下のとおり。

作目 発生が懸念される病気
ウメ すす病、黒星病
ナシ 黒星病
ブドウ うどんこ病

 

7 花き

・気象予報に留意し、降雨前や雨の切れ間をみて、予防防除を徹底する。
・薬剤のローテションを徹底する。
・キクでは下葉かきを行い、雨滴の跳ね上がりによる病害のまん延を予防する。

作目ごとに懸念される病気は以下のとおり。

作目 発生が懸念される病気
キク 白さび病、べと病
トルコギキョウ フザリウム立枯病、灰色かび病、菌核病、炭そ病
ヒマワリ べと病、黒斑病、菌核病

 

お問い合わせ先

福井県園芸振興課

電話番号:0776-20-0427

ファックス:0776-20-0650

メール:engei@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1

受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)