「令和3年春の農作業安全確認運動」の実施

及び「農作業安全確認運動推進会議」の開催について

農林水産省HPより

 

農林⽔産省は、農作業死亡事故を減少させるため、3⽉から5⽉までを農作業安全対策の重点期間として、「令和3年春の農作業安全確認運動」を実施します。
また、本運動の実施に当たり、農作業安全対策の情報交換を⾏うとともに、運動の連携強化及び効果的な推進を図るため、令和3年2⽉17⽇(⽔曜⽇)に農林⽔産省第1特別会議室で「令和3年春の農作業安全確認運動推進会議(web会議)」を開催します。
本会議は、公開です。また、冒頭のみカメラ撮影が可能です。

1.概要

毎年約300件発⽣している農作業死亡事故を減少させるため、3⽉から5⽉までを農作業安全対策の重点期間として、「令和3年春の農作業安全確認運動」を実施します。
本運動の開始に当たり、令和3年2⽉17⽇(⽔曜⽇)に、関係団体と農作業安全対策に係る意見交換を行うとともに、運動の連携強化及び効果的な推進を図るため、「令和3年春の農作業安全確認運動推進会議(web会議)」を開催します。

2.令和3年春の農作業安全確認運動について

(1)実施期間

令和3年3⽉1⽇(⽉曜⽇)から5⽉31⽇(⽉曜⽇)まで

(2)重点推進テーマ

農作業安全確認運動が全国で⼀体となって推進されるよう、重点推進テーマを設定し、運動の浸透・充実を図ります。
令和3年の重点推進テーマは昨年に続き「⾒直そう!農業機械作業の安全対策」です。

3.農作業安全確認運動推進会議について

本会議は、令和3年2⽉16日(火曜日)から2月26日(金曜日)の期間で実施する「農林水産業・食品産業作業安全Week」の一環として、農業分野における作業安全の推進等を目的として開催します。

(1)開催⽇時及び場所

⽇時:令和3年2⽉17⽇(⽔曜⽇)14時00分~16時00分
会場:農林⽔産省 本館3階 第1特別会議室(web会議)
所在地:東京都千代⽥区霞が関1-2-1

(2)議題

  1. 今後の農作業安全対策の展開について
    2. 北海道における農作業事故防⽌の取組について
    3. 国内トラクターメーカーにおける農作業安全対策について
    4. 安全フレーム等追加装備トラクタ所有者に対する調査結果等について

(3)参集者

農業、農業機械、安全研究等の関係機関・団体

(4)参加申込

本会議はオンラインで開催し、どなたでも無料で参加できます(参加に係るインターネット通信量は、参加者の負担となります。)。

ア.申込⽅法
希望される⽅は、以下の作業安全推進Week特設サイトからお申し込みください。
<申込先>
https://anzen-week.com(外部リンク)
なお、オンライン配信の内容の撮影、録画、録音は行わないでください(但し、報道関係者については「(5)報道関係者の皆様へ」のとおり)。

イ.申込締切
令和3年2⽉15⽇(⽉曜⽇)12時00分必着

(参考)
令和3年1月15日付けプレスリリース「「農林水産業・食品産業作業安全Week」の実施について」
https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/210115_13.html

添付資料

令和3年春の農作業安全確認運動の実施について(PDF : 249KB)

お問合せ先

農林水産省
生産局技術普及課生産資材対策室
担当者:藤澤、小屋松
代表:03-3502-8111(内線4773)
ダイヤルイン:03-6744-2182
FAX番号:03-3597-0142