三寒四温と言われていますが、まさにそれを実現しているかのような穏かな天候です。

昨年の12月に新規就農した、4組の耐候性ハウスと作業場などの付帯施設がほぼ完了しました。

事務局として、前々から『浅井戸で水が出るのか?』と不安でしたが、Mのところでは、7.5mの地点で水を確保。

本人の話によると、小農具が若干遅れているということでした。

残るは、電気の受電を待つだけなので、一日も早い供給を願っています。

 

 

20200215セミナーチラシ