福井県 8月の農業技術情報(野菜)

福井県HPより

平成29年7月の現況と8月の対策(野菜)

http://www.pref.fukui.jp/doc/noushi/kongetsu/kongetsu2017_d/fil/yasai08.pdf

況 (29年7月20日現在)

1 施設野菜

果菜類
(1) トマト
半促成栽培では、福井地区は 6~7段果房を収穫中である。
うどんこ病、アザミウマ類が少発、コナジラミ類が微発である。

(2) ミディトマト
福井、坂井地区の半促成栽培は、4~6段果房を収穫中で、6月下旬から7月上旬にかけて小ひび果、つやなし果の発生が多くなった。
灰色かび病が一部少~中発、青枯病、葉かび病が少発、うどんこ病は微~中発、 アザミウマ類、トマトサビダニが少発、コナジラミ類が微発である。
福井・坂井地区の抑制栽培は、6月上旬~7月下旬まで順次定植されており、早いもので3段果房が開花となっている。坂井地区の促成長期どり栽培では、7月中旬~8月上旬にかけて定植される。

(3) キュウリ
半促成栽培は、福井地区では7月7日で収穫終了となっている。
抑制栽培は、福井地区では7月28日に定植予定である。

(4) スイカ
三里浜砂丘地では 6月末で出荷終了した。

(5) メロン
アールスメロンの半促成栽培は、坂井北部丘陵地で6月29日(昨年より9日遅い)から収穫が始まった。品質は良く2L~3L中心の玉揃いとなっている。抑制栽培は、
三里浜砂丘地で6月11日から、順次播種が行われた。7月上旬から定植が行われており、生育は平年並みである。
えそ斑点病、アブラムシ類が少発である。
マルセイユメロンは、三里浜砂丘地で7月3日で出荷終了している。

葉根菜類
軟弱野菜
福井地区では、6月上旬播種のホウレンソウが約30日で収穫中である。

2 露地野菜

果菜類
スイカ
三里浜砂丘地では、7月2日から出荷が始まった。
炭そ病、アブラムシ類が少~中発、つる枯病、アザミウマ類が少発、急性萎凋症が局少発である。

スイートコーン
福井地区では、7月5日から出荷が始まっている。 旧清水町では、4月下旬定植で7月4日から出荷された。全体的には良好であるが、紋枯病の発生が多い圃場では肥大が悪い傾向である。
紋枯病が少~一部中発、アワノメイガが少~中発、アブラムシ類が少発である。

葉根菜類
(1) ブロッコリー
夏植え秋冬どりの播種が、福井地区では7月20日から、始まり、7月下旬から定植開始予定である。

(2) ネギ
6月上旬定植では、坂井地区で、葉鞘径が4~10㎜である。
白絹病が少~一部中発、葉枯病が少発、さび病が微~多発、黒斑病が微~中発、アザミウマ類が少~多発、ネキリムシ類、シロイチモジヨトウが少発、 ハモグリバエ類が微~多発である。

(3) キャベツ
福井、坂井地区の水田地帯では、6月28日から播種が行われている。
コナガが微発である。

根菜類他
ラッキョウ
3年子は6月1日から出荷開始で、7月下旬まで続く見込みである。

ニンジン
3月下旬播種では、三里浜砂丘地では6月20日から収穫は行われ、7月下旬に終了見込みである。

対 策

8月は高温傾向と予想されており、引き続き高温時の肥培管理に留意する。施設内においては、寒冷紗による遮光や敷きわらを厚くするなどで地温の低下に努める。特に、猛暑日が続く場合は、高温障害の恐れがあるため発生防止策を立てておくとともに、露地作においても干ばつ害に対する予防策に万全を配しておく。また、害虫の発生も増加することから、早期に発見し防除に努める。

なお、秋冬野菜については、圃場準備を計画的に進めて、適期播種・適期定植に努める。日中のハウス内での作業は40℃を超えることがあるので、管理作業は涼しい時間帯に行う。無理な作業は絶対に避け、水分補給や十分な休養を取って熱中症を回避する。農薬散布を行う場合は、日中の高温時を避けて、早朝または夕方の涼しい時間帯に行う。

1 施設野菜

果菜類
(1) トマト
高温による生育停滞や着果率の低下を防ぐため、ハウスのサイド、 肩上部、妻部、連棟の谷部等を大きく開放して換気を十分に行う。特に、高温になる日中の時間帯には、遮光を行い気温の上昇を抑える。しかし、過度な遮光はトマトを徒長させ、花質を悪くするので留意する。

抑制栽培では、過繁茂の防止と根群発達を促進させるため、かん水は定植後から3段開花頃まで控えめにするが、萎れさせないよう適宜かん水を行う。果実肥大が始まる3段開花頃になると、着果負担が増し、草勢が急激に低下しやすくなるので、追肥、かん水を積極的におこなうとともに、遅れないように留意する。ホルモン処理は空洞果の発生を防ぐため、1段花房につき3~4花咲いた時に、夕方トマトトーン100倍にジベレリン5~10ppm を混用して噴霧する。さらに、高温で害虫発生が多くなるので、防除を徹底する。

(2) ミディトマト
高温で果実の成熟日数が短いため、3段花房開花頃から節水管理 に努める。ただし、高温下では草勢確保がしにくく、土壌の乾燥による尻腐果の発生も 出やすくなることから、極端な節水管理は避け、草勢や開花状況を見ながら地温の低い早朝にかん水する。軟化果の発生は、高温時に多発するため、ハウス換気や遮光により果実温度を下げる。
また、白ぶくれ症果、金粉症果の発生はアザミウマ類やハダニ類が関与するため防除を徹底する。

(3) メロン
開花期まではやや控えめなかん水として根群の発達を促し、収穫前の極端な草勢低下を防ぐ。着果後はかん水を増やし果実肥大を促す。ネット発生がみられたらかん水を控え、ヒルネットの発生を防ぐ。さらに、ネット発生盛期には再び かん水量を多くして果実肥大を促すとともにネット発現を良くする。なお、高温のためネット発現が弱くなりやすいので、ネット発生前にはハウス換気を十分に行って果実の硬化を図っておく。また、うどんこ病、アブラムシ類等の病害虫防除を徹底する。

軟弱野菜
(1) ホウレンソウ
高温期は立枯病等の発生が多くなるので、播種時に十分に かん水し遮光を行って地温を下げる。なお、遮光は土壌の乾燥による発芽不良や生育遅延を防ぐ効果はあるが、ホウレンソウの生育が軟弱となるため播種密度を下げて徒長を防ぐ。また、高温時の収穫は適期幅が短いので、収穫労力を考慮して段播きと する。一方、作付けしないハウスでは高温を利用して太陽熱土壌消毒を行う。

(2) コマツナ
コナガ、アオムシ、キスジノミハムシ等の害虫は、ハウス出入り口やサイドに寒冷紗等を張ることで防止する。また、徒長防止のため播種密度を下げる。

2 露地野菜

果菜類
キュウリ
根の分布が浅いことから、敷きわらを厚くして高温による根の衰弱を防ぐ。追肥、かん水を適宜に行って着果負担による草勢低下を防ぐ。
なお、かん水は夜間地温が下がってから畝間に湛水し、直ちに落水する。
古葉や込み合った葉は適宜に摘葉し、べと病、褐斑病、斑点細菌病、うどんこ病等の防除を徹底する。

葉菜類
(1)ブロッコリー、キャベツ
水田転換畑では、ゲリラ豪雨や台風による大雨が、圃場の排水不良と相まって生育不良、品質低下につながっている。このようなことを避けるため、圃場内の排水対策を十分に行っておく。また、耕うん・整地作業はできるだけ砕土率を高め、定植後の活着促進や除草剤効果が十分に発揮できるよう にする。

定植は、午後気温が下がってから行い、根鉢が隠れる程度にやや深めに植え付け 、直ちにかん水を行って乾燥を防ぐ。活着するまでは圃場が乾燥しないように管理する。なお、除草剤は土壌が湿っている時に、乳剤を散布するのが効果的である。害虫対策は、育苗期後半時にセルトレイに灌注する農薬が省力かつ予防効果が高いため積極的に活用する。

(2) ネギ
猛暑日が続くと、ネギの生育は停滞するため、土寄せは生育状況を見て 判断して行う。
ただし、高温時に土寄せをする場合、軟腐病の発生原因になるので、事前に粒剤などで予防散布を行っておく。また、高温乾燥が続くとアザミウマ類や軟腐病等の病害虫の発生も多くなるため、早期徹底防除に努める。

根菜類
(1) ダイコン
高温によって生育不良や根部の生理障害が発生しやすいので、8月 下旬に温度が下がってから播種する。早まきを行う場合は、ウイルス病の発生防止のため寒冷紗等による被覆を行う。また、圃場は深耕し、砕土率を高めて排水や通気性を良くしておく。なお、施肥直後の播種では曲がり根や岐根が多くなるので、早めに圃場準備を済ませておく。播種時には殺虫剤を施用して害虫の初期防除に努める。

(2) ニンジン
圃場の準備は、プラソイラー等で排水対策をしっかり行い、特に収穫機を利用する場合は、必ず施工しておく。発芽率を高めるため、耕うんはできるだけ細かく砕土し均平にしておく。播種前には、センチュウ類対策として殺虫剤を土壌混和しておく。
そして、播種後、かん水は土壌水分が十分確保できるように、風向きやかん水チューブのねじれ、詰まり等に注意しながら行う。
圃場の乾燥が続くと、肥大や品質に影響がでるため、早朝か夜間に畝間かん水を行い、畝間が白く乾かないように努める。ハダニ類、アブラムシ類、セスジスズメ等の害虫の発生が予想されるので防除を徹底する。

お問い合わせ先

福井県農業試験場
電話番号:0776-54-5100
ファックス:0776-54-5106
メール:noshi@pref.fukui.lg.jp
〒918-8215 福井市寮町辺操52-21
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)