蚊媒介感染症に注意しましょう!

坂井市HPより

蚊媒介感染症

蚊媒介感染症とは、病原体を保有する蚊に刺されることによって起こる感染症のことです。

主な蚊媒介感染症には、ウイルス疾患であるデング熱、チクングニア熱、ジカウイルス感染症、日本脳炎、ウエストナイル熱、黄熱、原虫疾患であるマラリアなどがあります。

ジカ熱・デング熱対策

蚊媒介感染症の対策

蚊が感染症を媒介することから、「蚊を発生させない対策」、「蚊に刺されない対策」が重要です。

1.蚊をできるだけ発生させない
水たまりを作らない(雨ざらしの用具、雨除けのブルーシートや古タイヤにたまった水たまり、植木鉢の皿、屋外に放置された空きビン・缶、ペットボトルなど)。
草刈りをする。

2.蚊にさされない
蚊が多くいる場所で活動する場合は、できるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用する。
蚊媒介感染症の流行地域に渡航する場合は、現地で蚊に刺されないように注意する。

ジカ熱・デング熱対策2  ジカ熱・デング熱対策3

関連ページ

お問い合わせ先

坂井市健康長寿課(健康増進)

電話番号:0776-50-3067

ファクス:0776-66-2940

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所別館