農作業中の熱中症対策について

農林水産省HPより

農作業中の熱中症による死亡事故は、毎年20件前後で推移し、7、8月に70~80代の方が屋外作業を行うときに集中して発生しています。

また、気象庁の発表によると、3ヶ月予報(6~8月)では全国的に平均気温が高いとされており、既に5月の真夏日においても近年で大変多い状況であるため、今夏の暑熱環境下での農作業は特に注意が必要です。

農業従事者の中には熱中症の具体的な症状がわからず、知らず知らずに熱中症にかかっている方が多くいます。特に高齢農業従事者は発汗量が多く脱水しやすいため、こまめな水分補給や休憩を周囲の方が協力して声かけを行う等、重点的な対策が必要です。

つきましては、熱中症の発生が急増する時期を迎えるにあたり、農作業を行う者等に対し、あらゆる機会を利用して幅広く別紙の内容を周知し、熱中症予防に取り組んでいただくようお願いします。また、このことが取り組まれるよう貴関係者に対して指導願います。

農作業中の熱中症による死亡事故の発生状況 夏の農作業で気をつけること

熱中症が疑われる場合の処置 ハウス内は…

農作業中の熱中症に対する指導の徹底について(29年度通知文)((PDF : 11,318KB)

農作業時の熱中症に注意ポスター

29年度『熱中症予防声かけプロジェクト』との共同制作ポスター(PDF : 4,144KB)

29年度『熱中症予防声かけプロジェクト』との共同制作チェックシート(チラシ)(PDF : 1,276KB)

お問い合わせ先

農林水産省
生産局 技術普及課 生産資材対策室
代表:03-3502-8111(内線4774)
ダイヤルイン:03-6744-2111
FAX:03-3597-0142