農業委員会等に関する法律の改正について

福井市HPより

 農業委員会制度が変わります

農業委員会等に関する法律が改正され、平成28年4月1日に施行されました。

農業委員会の主たる使命である農地利用の最適化(担い手への農地利用の集積・集約化、耕作放棄地の発生防止・解消、新規参入の促進)の推進に関する業務をより良く果たせるようにするため、新たな農業委員会制度が始まります。

農業委員の選出方法が変わります

公選制から市長の任命制へ

地域の農業をリードする担い手が透明なプロセスを経て確実に農業委員に就任するようにするため、従来の選挙に変わり、候補者を推薦・公募により選定し、市長が市議会の同意を得て任命する方法になります。

農業委員の任命

農業に関する識見のある方で、農地等の利用の最適化の推進に関すること、その他の農業委員会の事務に関する職務を適切に行うことができる方を市長が任命します。

任命にあたっては、以下の要件があります。

過半は認定農業者等 農業委員の過半数が以下の認定農業者等であること

  1. 認定農業者である個人
  2. 認定農業者である法人の業務を執行する役員または使用人で、法人の行う耕作または養畜の事業に関する権限および責任を有する者
中立委員の登用 中立的な立場(利害関係を有しない者)で、公平・公正な判断をすることができる者を含めること
青年や女性の積極的な登用 年齢、性別等に著しい偏りが生じないように配慮すること

農業委員の定数(24人以内)

定数は政令で定める基準(本市の上限は24人)に従い条例で定められました。
※現在の農業委員の任期は平成29年7月19日までとなっており、任期中は経過措置により在任できるため、新制度による委員の任命については平成29年7月20日となります。

農地利用最適化推進委員が新設されます

推進委員の委嘱

委員会としての決定行為を行う農業委員とは別に、担当区域における農地等の利用の最適化の推進のための現場活動を行うことに熱意と識見のある方を推薦・公募により選定し、農業委員会が委嘱します。 

推進委員の主な業務

農業委員会が定めた担当区域内で農地利用の最適化の推進のための以下の活動を行います。

  1. 人・農地プランなど地域農業者の話し合いを推進
  2. 農地の出し手、受け手へのアプローチを行い、農地利用の集積・集約化を推進
  3. 耕作放棄地の発生防止・解消
  4. 農業への新規参入の推進等 

推進委員の定数(23人以内)

定数は政令で定める基準に従い条例で定められました。

お問い合わせ先

福井市農業委員会事務局

電話番号: 0776-20-5550

ファクス番号 :0776-20-5558

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1市役所 本館5階

業務時間 :平日8:30~17:15