今日の三里浜は、少し風が冷たいけど晴れの穏やかな日です。

昨日、福井市の西部予冷庫でチーム会に行った際

カンショをコンテナに詰めて荷受けしたり、整列させて移動したりしていました。

これは、キュアリングと言う貯蔵前のケア作業です。

貯蔵庫に温度40度、湿度100%で4日間寝かせ、

傷口などにコルクの層を形成させるための手法です。

その後も貯蔵庫に温度15~16度で、湿度80%で長期保存することにより

イモ内に有るデンプン質が糖質に変化し、甘いカンショが出来るわけです。

ちなみに、サツマイモの品名は『越前金時』と表示してます。

カンショを貯蔵庫に カンショ20161115

キュアリング貯蔵庫