農林水産省 

福井県の「ふくい園芸カレッジ」の紹介

農林水産省HPより

「担い手の動向」より

道府県農業大学校等における就農支援対策

農業関係の研修教育機関として、全国42道府県の農業大学校が設置されており、就農率は56%(継続研修を含む。)となっています。

若い世代の新規就農者を増やすためには、農業大学校とともに、農業高校等の卒業生の就農が増えることも重要です。このため、農林水産省では、農業高校を所管する文部科学省や都道府県等と連携して、先進的な農業経営の実習の充実や就農支援体制の強化等を図り、農業高校生の就農意欲を一層喚起していく取組を進めることとしています。

また、新規就農を促進するため、都道府県、市町村の各段階において独自の新規就農支援策が展開されており、農業研修や住宅、農地の取得等様々な支援等が行われています。

事例として福井県の「ふくい園芸カレッジ」が紹介されていました。

ふくい園芸カレッジの紹介

詳しく知りたい方は

福井県HPの

「ふくい園芸カレッジ(福井県新規就農支援施設)~実践力が身に付きます~」

まで

お問い合わせ先

農家家族イラスト農林水産省

大臣官房広報評価課情報分析室

代表:03-3502-8111(内線3260)

ダイヤルイン:03-3501-3883

FAX:03-6744-1526