さぁ、野菜から食べよう!

ふくふくベジ・ファースト応援事業

福井市HPより

ベジ・ファーストとは?

ベジ・ファーストとは、食事の最初に野菜から食べることです。
食べる順番を変えるだけのシンプル(簡単)な方法ですが、生活習慣病の予防効果があり、気軽に取り組める健康づくりの方法です。
この機会にあなたもベジ・ファーストを始めてみませんか?

ベジ・ファースト

どうしてベジ・ファーストなの?

福井市国保特定健診(平成26年度)の結果から、糖尿病の有所見者割合は5割を超え、これは国・県を上回る割合です。その他、肥満や、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の方の割合が高く、これらの発症予防と重症化予防が求められています。
また、野菜の目標摂取量は350gですが、福井県民はほとんどの世代で目標に達していないのが現状です。特に20歳代、30歳代の若い世代では、目標よりも約100gも少なくなっています。(平成23年度福井県県民健康・栄養調査より)
そこで、まず普段の食事に野菜料理を1皿プラスし、野菜からゆっくりよく噛んで食べる習慣を身につけ、生活習慣病を予防しましょう。

ベジ・ファースト3

 

ベジ・ファーストの効果

糖尿病、動脈硬化予防
食物繊維の働きにより、食後の血糖値の上昇を緩やかにし、糖尿病を予防します。
また、急激な血糖上昇を抑えることで、血管が傷つきにくくなり、動脈硬化予防にも効果があります。

肥満予防
野菜からゆっくりよく噛んで食べることで、満腹感が得られ、食べすぎを防ぐことができます。

脂質異常症予防
食物繊維がコレステロールの吸収を抑え、体外に出す働きをします。

高血圧予防
野菜に含まれるカリウムは、ナトリウム(塩分)を体外に出す働きをし、高血圧を予防します。

認知症予防
野菜をよく噛んで食べることで、脳を刺激し、認知症の予防にもつながります。

※高齢の方など、食欲がない場合や低栄養の心配がある方は、
ベジ・ファーストが適さないこともあります。
※腎機能の低下がみられ、カリウム制限をされているなど、
食事に制限のある方は主治医の指示に従いましょう。ベジ・ファースト2

実践!ベジ・ファースト!

子ども 野菜好き イラスト食事を楽しみながら、まずはできるところまでやってみましょう!
《食べる順番》
(1)野菜・きのこ・海藻のおかず(副菜)を1~2品程度ゆっくりよく噛んで
(2)魚・肉・卵・大豆製品などたんぱく質のおかず(主菜)をバランスよく
(3)ご飯・パン・めん類など(主食)を適量

⇒ベジ・ファーストについての詳しい説明はこちら

お問い合わせ先

福井市福祉保健部 保健センター
電話番号 0776-28-1256
ファクス番号 0776-28-3747
〒910-0853 福井市城東4丁目14-30
業務時間 平日8:30~17:15