福井県 7月の農業技術情報(野菜)

福井県HPより

野 菜の実 況 …(28年6月20日現在)

施設野菜

果菜類
(1) トマト

福井地区では、2月下旬定植で3~4段果房を収穫しており、昨年より3日ほど早いペースで進んでいる。灰色かび病、うどんこ病が少発、葉かび病、コナジラミ類が微発である。

(2) ミディトマト

ミニトマト20160530福井、坂井、南越地区の半促成栽培は、6月上旬から順次出荷が始まっており、1~3段果房を収穫中である。灰色かび病が一部微発、葉かび病、アザミウマ類が微発である。抑制栽培では、坂井地区は6月10日から播種、福井地区は6月17日から定植が始まっている。

(3) キュウリ

3月中・下旬定植の福井、丹生地区、および4月下旬定植の二州地区では継続収穫中である。うどんこ病が多~中発、アザミウマ類が多発である。

(4) ハウススイカ

坂井北部丘陵地および三里浜砂丘地は、6月3日から出荷が始まり(昨年より2日早い)、6月20日頃に出荷が終了している。

(5) メロン

花咲紅姫アールスメロンは、三里浜砂丘地では7月5日から出荷開始予定である。坂井北部丘陵地のプリンスメロンは6月3日に出荷終了、アンデスメロンは6月17日から出荷予定である。

マルセイユメロンは、三里浜砂丘地では6月1日(昨年より3~6日早い)から収穫が始まっている。つる枯れ病、ハダニ類が少発、アブラムシ類が少~微発である。

葉根菜類
(1) 軟弱野菜

福井地区のホウレンソウは、5月中旬播種を35~40日で収穫中である。

(2) ダイコン

三里浜砂丘地では、6月上旬で出荷はほぼ終了し ている。

2 露地野菜

果菜類
スイカ

4月中旬定植の坂井北部丘陵地は、5月末から開花し(昨年より3~5日早い)、球径20~25㎝になっている。4月上旬定植の三里浜砂丘地では、5月末~6月上旬が開花盛期となり、草勢はやや弱めで肥大は緩慢である。炭疽病、つる枯れ病、アブラムシ類、ハダニ類が少発である。

 

 

土付き一年掘りラッキョウ根菜類
ラッキョウ

三里浜砂丘地は、一年掘りが6月3日で出荷終了、三年子が6月4日から収穫開始で収穫中である。

ニンジン

3月下旬播種では、三里浜砂丘地は本葉10~11枚、根重100~150gで、6月末から収穫開始予定である。

調査結果発表する女性 イラスト梅雨時期は、降雨による湿害を防ぐため、ハウス周辺部の排水対策を徹底するとともに、換気と誘引整枝、摘葉等により風通しをよくして、病害の発生予防と拡散防止に努める。なお、梅雨明け以降は、急激に晴れて暑い日が多くなり、時として猛暑日が続く場合があるので、盛夏期の高温障害対策に備えて遮光ネット等の準備や露地野菜における少雨干ばつ対策についてもかん水器具点検や準備等事前に行っておく。

今から、病害虫発生が多くなる季節となり、農薬による防除回数も増えてくるが、耕種的防除も取り入れながら農薬の適正使用に努める。

施設野菜

果菜類
(1) 抑制果菜類の育苗

育苗は通風のよい所にハウスを設置し、ウイルス病予防のためハウス開口部には寒冷紗で被覆する。また、徒長防止のため、保水性の良い床土を用いかん水量が過剰にならないように留意する。さらに、換気を十分に行うとともに、苗どうしが過密にならないように生育に合わせて鉢間隔を広くする等健苗の育成に努める。

(2) トマト

換気を十分に行うことでハウス内気温の上昇を防ぎ、摘葉と合わせて風通しをよくすることで、葉かび病、灰色かび病、うどんこ病等の発生を抑制する。ただし、病害の発生を確認した場合には、早期防除に努める。なお、突然の豪雨による裂果を防止するため、ハウス周囲の排水溝の整備をしておく。

抑制トマトの施肥は、前作の肥料残効を考慮(必要に応じて土壌分析)して、適正な施肥量を決定する。過剰な窒素は、過繁茂や心止まりの原因になるので注意する。

トマト黄化葉巻病の発生防止と蔓延を防ぐため、媒介昆虫であるタバココナジラミの発生防止策を徹底する。前作終了直後に施設内を蒸し込み、ハウスに防虫ネットを設置して、健苗を定植する。農薬粒剤の施用により発生を抑制し、発病株を見つけたら早期に除去することにより被害を抑える。また、黄色粘着板等を活用してタバココナジラミの発生予察等を活用しながら的確な防除を行う。

(3) キュウリ

草勢が低下してくると曲がり果や尻細り果等が多くなるので、着果量を考慮しながら追肥、かん水を行う。また、病害予防のため、親づるの摘葉、子づるや孫づるの整枝等を行って日当たりや通風をよくするともに、ハウス換気を十分して灰色かび病やべと病の発生抑制に努める。なお、摘葉は1度に多くの葉を摘除すると草勢を低下させるので、1回当り2枚程度とする。

(4) ミディトマト

大雨による糖度低下や裂果を防ぐため、ハウス周囲の排水溝を整備してハウス内への浸水を防ぐ。ただし、過度な乾燥状態が続くと、草勢の低下、上部茎葉での針葉の発生を招き、落花や収量品質の低下につながるため、土壌水分(畦内での土の湿り具合)を確認しながら適宜かん水を行う。

また、収穫時の軟化果の発生を防ぐため、ハウス換気(肩換気など)や遮光を行って果実温を下げるとともに、適期収穫に努める。さらに、葉かび病、オンシツコナジラミ、ミカンキイロアザミウマ等の防除を徹底する。

抑制栽培では、高温期が定植時期となるため、定植前に十分かん水し土壌水分を確保するとともに、適切な遮光を行い活着を促進させる。活着遅れや極端な萎れは、落花や着果不良、上段花房の花数減少の原因となるので 留意する。特に、プラグ苗による定植は、十分に活着するまでは、根が地下深くに伸びるように、手かん水等でこまめなかん水を行う。トマト黄化葉巻病対策については、(2)トマトを参照する。

(5) 抑制ネットメロン

定植苗は、活着の促進や高温期間の草勢確保のため、2.5葉期程度の若苗を植え付ける。なお、定植は高温による定植時の萎れや活着不良を防ぐため、温度の下がった夕方か曇天日に行う。さらに、ウイルス病予防のため、ハウスの出入 口やサイドに寒冷紗を張って、アブラムシ類、アザミウマ類の侵入を防ぐ。

露地野菜

露地スイカ20160707果菜類
(1) スイカ

降雨が続いた後や大雨の後に、つる枯病、炭疽病等の病害が蔓延する傾向が見られるため、圃場排水をよくして根の衰弱を防ぐ。晴れ間を見て、必ず予防散布を徹底するとともに健全な葉を確保する。また、果実が10㎝程度の大きさになった頃、玉直しをしてスイカシートを敷く。なお、梅雨明け以降に、草勢低下が見られる場合は、果実にわら等で日除けして直射による日焼け果を防止する。

詳しくは

http://www.pref.fukui.jp/doc/noushi/kongetsu/kongetsu2016_d/fil/yasai1607.pdf

お問い合わせ先

福井県農業試験場
電話番号:0776-54-5100
ファックス:0776-54-5106
メール:noshi@pref.fukui.lg.jp
〒918-8215 福井市寮町辺操52-21
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)