福井県HPより

鳥獣害のない里づくりの取り組み

イノシシ、シカ、サルおよびクマなどの獣による農作物・森林の被害が県内全域に広がっています。

被害を防ぐためには、地域ぐるみで、農林業や人身への被害防止(被害管理)適正な頭数調整(個体数調整)野生動物との棲み分け(生息地管理)の取り組みが必要です。

安心して農林業の生産活動に取り組めるよう、住民の皆様の理解と協力によって鳥獣害のない里づくりを目指しましょう。

☆獣害を減らすためには次の3つの項目を総合的に実施する必要があります。

(1)被害管理

山ぎわの草刈り、電気柵や捕獲檻の共同管理、パトロールの実施、学習会の開催等、一連の自主防衛活動を地域住民が実施することが最も必要です。

(2)個体数管理

自然界にいるイノシシやシカのうち、集落へ入り込み被害を及ぼすものはごく一部です。集落近くで生息しているイノシシやシカは栄養状態もよく数が増えやすいので、捕獲が必要です。捕獲は市町村の捕獲隊員が行いますが、日常的に行う檻の見回りなどには集落も協力し地域ぐるみで取り組むことが必要です。

(3)生息地管理

野菜クズや収穫物を残さない、集落の周辺にエサとなる果樹を放置せず摘果や伐採等を行うなど集落のえさ場としての価値を下げるとともに、野生獣の本来の生息地の環境改善など野生鳥獣との棲み分けを図ることが必要です。

鳥獣被害点検カレンダー獣種別の特徴

今からでもできる!獣対策

北陸農政局HPより

鳥獣害被害対策の指導等資料

地域ぐるみで鳥獣害対策してみませんか?

被害防止対策を行うには、地域住民に対する正確な情報の提供の場と、地域ぐるみでの取組みの合意形成の場が必要です。

そこで北陸農政局では、地域や集落ぐるみで対策に取組んでいただくために、「鳥獣による被害防止対策を進めるための(案)」を提案します。地域の状況に応じて活用していただければ幸いです。

鳥獣による被害防止対策を進めるための(案)

鳥獣害防止対策

お問い合わせ先

福井県農林水産課地域農業課
電話番号:0776-20-0446
ファックス:0776-20-0651
メール:chinou@pref.fukui.lg.jp
福井市大手3丁目17-1
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

北陸農政局
農村振興部農村環境課
担当者:鳥獣被害指導係
代表:076-263-2161(内線3459)
ダイヤルイン:076-232-4533
FAX:076-263-0256