6次産業化の取組について

福井市HPより

1.6次産業化とは

農業の総合産業化6次産業化とは、農林漁業者が生産(第1次産業)のみならず、加工(第2次産業)や流通・販売(第3次産業)に主体的に関わり、独自の発想で農業の付加価値を高めることをいいます。
また、6次産業化は、農林漁業者が生産、加工及び販売・流通をすべて行う場合だけではなく、「第1次産業と第2次産業の融合」(例:農業者が加工品を製造し、販売は委託する場合)や「第1次産業と第3次産業の融合」(例:農業者が農産物を直売所・インターネットで販売する場合)といった形態まで幅広く捉えられています。

2.6次産業化への支援(福井市単独事業)

福井市 6次産業化の流れ
(1)補助事業(加工品開発・販路開拓等に係る経費への支援)
既存の補助事業に申請することが困難な、新規に6次産業化に取り組む農林漁業者を対象とした補助事業を設けることで、農業経営の6次産業化への積極的な支援を図ります。
★実施事業
平成28年度【募集期間:平成28年4月18日(月)~5月31日(火)
福井市6次産業化普及促進事業

(2) 資料作成
作成した資料は、研修会で紹介したり、農業協同組合の窓口に設置するなどし、資料の内容紹介を実施することで、6次産業化の取り組みの掘り起こしを行います。
実施事業
平成28年度版
※現在製作中
【参考】平成27年度版
パンフレット〔支援策、取り組み事例の紹介〕

福井市 6次産業化支援ハンドブック

※平成28年度のその他関連事業については随時更新してまいります。

関連ファイル

お問い合わせ先

福井市農林水産部 農政企画室
電話番号 0776-20-5420
ファクス番号 0776-20-5740
〒910-8511 福井市大手3丁目10-1 市役所 本館5階
業務時間 平日8:30~17:15