北陸農政局 平成28年度食育の取組紹介

北陸農政局HPより

6月は食育月間です。

高須城山・農と人の会(福井県福井市) 【平成28年6月14日】 

高須城山・農と人の会(福井県福井市)【平成28年6月14日】

福井市の中心部より北西約20キロメートル、市内はもとより坂井平野や日本海が一望できる高須山(標高438メートル)の中腹に豊かな自然に囲まれた世帯数40戸、人口約80人の高須町があります。人が住み始めたのは、縄文時代と言われ、室町時代、南北朝の争いに鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇と足利尊氏の戦いの南軍最後の城(鷹巣城)がこの高須山にあったそうです。

田植え イラスト5月22日、深緑に包まれた高須山中腹の棚田に50名ほどが集まり、田植えに汗を流しました。
田植えに集まったのは、「高須城山・農と人の会」の住民有志と棚田オーナーのみなさんです。2年前までは、市と高須町が「棚田オーナー」を公募、住民みんなで、田植えから稲刈りまでの舞台をささえてきました。ところが、昨年この取組に大きな変化がありました。高齢化が進み、草刈りなど管理作業の負担の大きさから、住民側の受入態勢が確保出来なくなり、会長の畑健一さんら地元住民有志6人とオーナー経験者約40人で「高須城山・農と人の会」を結成し引き続きオーナーを募集し運営していくことになりました。

田植えする子ども イラスト五月晴れの下、一般市民の方をはじめ大学の先生や学生さん、環境団体等の方々などオーナーのみなさんが参加し、田んぼに引かれた線にそって、田植えが行われました。作られるお米は、化学肥料不使用、農薬5割減の特別栽培米です。田植え後は、参加者全員で、鳥獣害(とくに猪)防止用の電気柵の設置が行われました。
今後の日程は、一部オーナーによる除草作業、7月に除草作業とバーベキュー、9月に稲刈り、10月に脱穀・籾すり、11月に収穫祭、3月には総会が行われます。
会では、有志をつのり、ジャガイモ栽培やそばの会などの取組も行われます。

稲作農家 イラスト畑会長さんからお話しを伺うと、田植え・稲刈り・はさがけなどの際の天候が一番心配だとのこと。「米作り体験交流活動を通して、町内の豊かな自然を生かした地域おこしの活動に取り組んでいきたい。」とおっしゃっていました。住民からは、楽になったとの声がある一方、さみしいという声も聞かれるそうです。
自然豊かな高須町の里山で、高須町やオーナーのみなさんと触れあってみませんか。

お問い合わせ先:「高須城山・農と人の会」会長 畑  健一さん(電話:0776-87-2153

農林漁業体験活動の取組団体一覧(福井)参考

お問い合わせ先
北陸農政局
経営・事業支援部地域食品課
担当者:「食育ネットほくりく」事務局
ダイヤルイン:076-232-4890