JA花咲ふくい広報誌Hand to Hand 

2016年6月号 3ぺージ掲載

JA花咲ふくい広報誌Hand to Hand6月号

マルセイユメロン「花咲紅姫」出荷始まる

花咲紅姫花咲ふくい園芸組織協議会メロ専門部会は5月30日、マルセイユメロン「花咲紅姫」をJAフルーツセンターから初出荷しました。温暖な日が続いているため、平年より5日ほど生育が早まっています。糖度の乗りが良く高いもので17度、平均でも6度ほどあるそうです。

花咲紅姫は赤肉でとろりとした舌触りが特徴で近年人気が高まっています。今年は83戸が5.3haに作付しており、今年最高となっています。7月初旬までに2万ケース(1ケース5㎏)の出荷を予定しています。

目ぞろえ会ではJAや県の担当者が、出荷基準や今後の管理について説明。高温が続いていることから収穫遅れに注意することや、樹勢を保つために少量多頻度かん水をするよう呼び掛けました。

砂丘だいこん2万2000ケースを出荷

ダイコン箱浜四郷大根専門部会は5月10日、春大根の目ぞろえ会をJA浜四郷野菜集荷場で開きました。3月、4月の気温が高かったため、生育は平年より3~5日ほど早まっています。病害虫の発生も少なく、色白で品質よく仕上がっているそうです。ハウス、露地合わせて約2万2千ケース(1ケース10㎏)を出荷する込みです。

同地区の大根は砂丘地で栽培され「砂丘だいこん」のブランド名で出荷しています。今年は23戸が4haに作付け。6月初めごろまで関西と県内向けに出荷する予定です。

目ぞろえ会では、市場関係者が産地情勢を報告しました。雨の影響で他産地の出荷が滞ったため、春大根は品薄状態で、まずまずの単価とのことでした。適期収穫や病害虫の防除についての説明もありました。

 

お問い合わせ先

花咲ふくい農業協同組合

〒919-0597 福井県坂井市坂井町上新庄42-19

TEL : 0776-67-8200

FAX : 0776-67-5802