GIマークとは

政府広報オンラインHPより

風土や伝統が育んだ特色ある地域産品を保護する「GIマーク」は地域ブランドの証です。

調査結果発表する女性 イラスト「○○牛」「○○りんご」など、全国各地には、地域で育まれた名産や名物、特産などといわれる農林水産物・食品が数多くあり、国内外の消費者に受け入れられています。平成27年6月1日から、この農林水産物・食品などの「地域ブランド」を守るための新たな制度、「地理的表示保護制度」がスタートして、登録申請の受付が始まりました。平成27年度中にはGI(ジーアイ)マークを付けた農林水産物・食品が市場に出る見込みです。

「地理的表示保護制度」とは?

品質や評価などが生産地と結びついている産品の名称を保護する制度。

GIマーク(地理的表示に基づく登録標章)のデザインについて

GIマーク

GIマークは、登録された基準を満たしている産品だけに地理的表示とともに付けることができるマークです。日本の地理的表示保護制度のマークであることを分かりやすくするため、大きな日輪を背負った富士山と水面をモチーフに、伝統や格式を感じる金色と日本の国旗の赤を使用して、日本らしさを表現しています。

品質管理

登録を受けた団体が、登録された基準に基づき生産が行われるよう品質管理を実施します。
農林水産省は、団体の品質管理状況をチェックします。

取締り

地理的表示やGIマークの不正使用があった場合は、農林水産大臣が取り締まります。

「地理的表示」の登録・保護などの流れは?

登録された産品に地理的表示の使用が認められ、不正使用に対しては取締りが行われます。

地理的表示保護の登録申請の受付は、同制度がスタートした平成27年(2015年)6月1日から開始されています。
地理的表示の登録申請は、生産・加工業者の団体が、申請書と添付書類(明細書、生産行程管理業務規程等)を農林水産大臣に提出して行います。
農林水産省「地理的表示保護制度(GI) 登録申請手続」

どんなメリットがあるの?

はてな イラスト「GIマーク」で、他の産品との差別化が図られます。

(1)地域ブランド産品として差別化が図られる

(2)品質を守るものだけが市場に流通する

(3)訴訟などの負担なく自分たちのブランドを守ることができる

(4)日本の地域ブランド産品の海外展開に寄与する  

お問い合わせ先

農林水産省食料産業局知的財産課
担当者:地理的表示保護制度担当
代表:03-3502-8111(内線4284、4283)
ダイヤルイン:03-6744-2062、03-6738-6317
FAX:03-3502-5301