農業インターンシップとは

全国新規就農相談センターHPより

農業インターンシップとは

農家家族イラスト農業インターンシップは、農業法人で就業体験をする制度です。全国農業会議所では、 平成11年度から農林水産省の補助を受けて、農業インターンシップを実施しています。 その目的は大きく2つあります。一つ目は就職先として農業という業界を知ってもらうこと、 二つ目は私たちが日頃食べている食料とその生産について関心を持ってもらうことです。 昨年度からは、農業法人等に採用が予定されている内定者の方の事前就業体験としても利用できるようになりました。

募集要項

体験内容

全国の農業法人(約300社)での就業体験

体験期間

1週間から6週間以内で通年受入れ可能です。

費用

参加費は無料です。
但し、受入法人までの交通費は自己負担ですが、食費・宿泊費は受入先が負担します。

その他

原則として、経営者宅・社宅などに住み込みとしてます。但し、社会人は通勤もできます。 体験期間中は傷害保険(農業実習総合保険)に加入していただきますが、保険料は全国農業会議所で負担します。

応募資格

○ 学生(高校生以上)および社会人
○ 農業に関心のある方。
○ 健康体で農作業ができる体力があること。
○ 農業の経験は問いませんが、受入法人等の規則に基づきルールの守れる方。
※体験の姿勢や健康状態・天候などによっては、受け入れ法人の判断により研修を中止する場合もあります。 

体験の心構え

汗をかく男性農家 イラスト農業体験は農業法人のご厚意の上に成り立っていることを心に留めてください。宿泊費・食費を負担してでも受け入れようというのは、これからの日本を担う若者に、農業をもっと知ってもらいたいという意識からです。そこをしっかりとふまえ、積極的に動き、発言し、精一杯吸収してきてください。それが受け入れる側の望みでもあります。 

平成27年度農業インターンシップ体験期間について(お願い)

〔体験希望の皆様へ〕
平成27年度農業インターンシップについては、平成28年3月21日(月)までに体験を終えるようお申し込み下さい。
また、農業インターンシップ体験報告書は平成28年3月23日(水)までに(公社)日本農業法人協会宛てご提出下さるようお願いいたします。

〔受入農家の皆様へ〕
平成27年度農業インターンシップは事業の都合により、平成28年3月21日(月)までに研修を終える必要があることにつきご留意下さい。
また、実施状況報告書兼交付申請書は平成28年3月23日(水)までに(公社)日本農業法人協会宛てご提出下さるようお願いいたします。

農業インターンシップ申し込みの流れ

※申込方法等は、従来の農業インターンシップ(一般コース)か週末に行うインターンシップ(週末コース)かで異なります。

農業インターンシップの申込み 農業インターンシップの申込み方法

手順1下記の農業インターンシップの目的とルールに目を通して下さい。

手順2 申込書の提出

農業実習総合保険の手続きは事務局で行います。ただし、体験に入る前に、 保険の内容には必ず目を通しておいてください。 「農業インターンシップ受入農業法人台帳」をもとに体験申込書にすべて記入します。 必ず、体験開始希望日の2週間前までに事務局に郵送またはEメールで送付して下さい。

手順3申込書が届き次第、事務局はあなたの希望をもとに受入先を探します。

受入先の決定後、事務局から連絡します。

手順4早めに受入先と直接連絡を取って、持ち物や交通手段等を相談してください。

手順5出発。農業体験開始。

手順6帰宅。報告書(農業インターンシップ体験報告書)を事務局へ郵送

FAXまたはEメールしてください。

以上終了です。

お問合せ・資料請求・お申し込み先

(公社)日本農業法人協会
〒102-0084 東京都千代田区二番町9-8 中労基協ビル1F
TEL 03-6268-9500
FAX 03-3237-6811
MAIL: intern@hojin.or.jp
HP : http://www.hojin.or.jp/

運営先

全国農業会議所
〒102-0084
東京都千代田区二番町9-8 中央労働基準協会ビル2F
電話:03-6910-1126(代)
FAX:03-3261-5131
MAIL: guide@nca.or.jp