農薬ってなに? 

農林水産省HPより

農薬とは

はてな イラスト農薬とは、農作物や観賞用植物など人が育てている植物に発生する害虫や病気を退治したり、雑草を除いたりするために使われる薬剤などのことです。日本で使ってもよい農薬は、人の健康や環境への影響などについて確かめられ、国に認められたものだけです。農薬は、農作物や観賞用植物以外に、ゴルフ場や公園の芝生、街路樹などにも使われます。

農薬には、殺虫剤、植物を病気にするカビや細菌を退治する殺菌剤、雑草を除く除草剤、ネズミを退治する殺そ剤などがあります。

例えば、ホームセンターなどでは、色々な製品が殺虫剤として売られています。この中には用途によって農薬とそうでないものがありますが、農薬には、「農林水産省登録第○号」という番号と「殺虫剤」という用途が必ずラベルに書いてあります。

表:農薬でしょうか?(殺虫剤の例)

農薬です 農作物を守るために使う農業用のもの 「農林水産省登録第○号」という番号と「殺虫剤」という用途が必ずラベルに書いてあります
庭の植物を守るために使う園芸用のもの
農薬ではありません 衛生のために使うハエ・ゴキブリ退治用のもの 「家庭用殺虫剤」と呼ばれることもあります
建物を守るために使うシロアリ駆除用のもの
ゲジゲジやダンゴムシなどの虫を退治するもの

農薬を「農薬取締法」がどのように定義しているかを知りたい方は・・・

農林水産省農薬コーナー「農薬とは」

農薬取締法では、「農薬」とは、「農作物(樹木及び農林産物を含む。以下「農作物等」という。)を害する菌、線虫、だに、昆虫、ねずみその他の動植物又はウイルス(以下「病害虫」と総称する。)の防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤その他の薬剤(その薬剤を原料又は材料として使用した資材で当該防除に用いられるもののうち政令で定めるものを含む。)及び農作物等の生理機能の増進又は抑制に用いられる植物成長調整剤、発芽抑制剤その他の薬剤をいう。」とされ、また農作物等の病害虫を防除するための「天敵」も農薬とみなす、とされています。

ア  殺虫剤 農作物を加害する害虫を防除する薬剤
イ  殺菌剤 農作物を加害する病気を防除する薬剤
ウ  殺虫殺菌剤 農作物の害虫、病気を同時に防除する薬剤
エ  除草剤 雑草を防除する薬剤
オ  殺そ剤 農作物を加害するノネズミなどを防除する薬剤
カ  植物成長調整剤 農作物の生育を促進したり、抑制する薬剤
キ  誘引剤 主として害虫をにおいなどで誘き寄せる薬剤
ク  展着剤 ほかの農薬と混合して用い、その農薬の付着性を高める薬剤
ケ  天敵 農作物を加害する害虫の天敵
コ  微生物剤 微生物を用いて農作物を加害する害虫病気等を防除する剤

農薬の登録制度

農薬は、その安全性の確保を図るため、「農薬取締法」に基づき、製造、輸入から販売そして使用に至る全ての過程で厳しく規制されます(従来は販売規制が中心でしたが、平成14年12月の法改正で製造・輸入・使用の規制が加わりました。)。その中心となっているのが、「登録制度」です。これは、一部の例外を除き、国(農林水産省)に登録された農薬だけが製造、輸入及び販売できるという仕組みです。

なぜ農薬を使うの?

http://www.maff.go.jp/j/fs/f_nouyaku/002.html

耕す農家 イラスト農作物などに発生する害虫や病気、雑草を増えるままにしておくと、農作物の収穫量が減ってしまったり、品質が悪くなったりします。そうならないように、農薬を使って害虫や病気を退治したり、雑草を除いたりします。

日本は、特に夏期の気温や湿度が高く、害虫や病気が発生したり増えたりしやすいので、現在でも害虫や病気による被害が毎年出ています。また、農家1戸あたりの田んぼや畑の面積は、平均でも1ヘクタールほどあるので、虫退治や草むしりなどをすべて手作業で行うのは大変です。

農薬をまったく使わずに、品質のよい農作物を十分な量収穫して、ほどよい値段で安定的に皆さんのもとへ届けるには、大変な努力が必要で、難しいことがわかるでしょう。

どんな農薬が使われているの?

http://www.maff.go.jp/j/fs/f_nouyaku/003.html

農薬には、粒状、粉状、液状など、さまざまな形のものがあり、含まれている有効成分(殺虫や殺菌などの効果を持つ成分)もさまざまです。このように色々なものがあるのは、農薬を使いやすく、効果が高く、健康や環境への影響が少なくなるように改良してきたためです。

農薬の使いかたもさまざまです。

日本では、国の政府が次のことを確かめ、使ってよい農薬を決めています。

  • 使用している人の健康への影響
  • 使用した農薬が残っている農作物を食べた人の健康への影響
  • 環境への影響
  • 農薬を使うことによる植物(農作物)へ与える害
  • 農薬としての効果

農薬のラベルを見ると、農薬がどんな形をしているか、どのような有効成分がどのくらい含まれているかがわかります。

食品に含まれていてもよい農薬の濃度に決まりはあるの?

http://www.maff.go.jp/j/fs/f_nouyaku/006.html 

調査結果発表する女性 イラスト国は、農薬の有効成分(殺虫や殺菌などの効果を持つ成分)それぞれについて、食品ごとに、含まれていてもよい濃度を法律(食品衛生法)で決めています。これが基準値です。

厚生労働省の検疫所や保健所における検査によって、農薬の有効成分の濃度が基準値を超えている食品が見つかったときは、法律に違反しているので、回収されたり、廃棄されたりします。

次に、さまざまな農作物に、有効成分が基準値の原案ぎりぎりの濃度まで含まれていると仮定して、1日の食事からとる有効成分の量を見積もります。見積もった量が「一日摂取許容量」の80%以下であれば、原案が基準値になります。また、予定された使い方をその農薬の使い方として決定します。

脚注

農薬を予定している使い方のうち、最も多く使用する方法に従って、試験的に使ったときに農作物に残る有効成分の濃度より、高めの値を基準値の案とします。これは、試験では、全国すべての使用状況を調べることはできないこと、気象などの条件によって、農作物に残る有効成分の濃度が変わるかもしれないことから、正しく農薬を使用した場合、基準値を超えないようにするためです。

お問い合わせ先

農林水産省消費・安全局消費者行政課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX: 03-6744-1974