「福井百歳やさいを食べよう」

福井県HPより

自然と人が共に育んできた、地域の財産「福井百歳やさい」

汗をかく男性農家 イラスト福井が生んだ食育の祖、「石塚左玄」の教えに「身土不二」という言葉があります。
身土不二とは、人の身体と土地は切り離せない関係にあるという意味を表し、
地元で育てられた食べ物を、旬の時期に食べるのが一番健康に良いと考えられています。
福井にもその地域にしかない、伝統野菜が多く残っています。
それらの種子は、地域で大切に守られ、地域風土と先祖代々の努力によって
世代をこえて伝えられてきました。
人々同士の交わりを作り出してきた伝統野菜は、地域共有の宝物です。
私たちはたゆまず、伝え続けていきたいと考えています。

福井では、

一、生産者自らが、種をとり栽培している。
二、100年以上前から栽培されている。
三、地域に根ざした作物である。

この3つの条件を満たす伝統野菜を「福井百歳やさい」と名付けています。

 伝統の福井野菜

関連ファイルダウンロード

お問い合わせ先

福井県地域農業課
電話番号:0776-20-0446
ファックス:0776-20-0651
メール:chinou@pref.fukui.lg.jp
福井県福井市大手3丁目17番号8階
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)