本日、来春就農予定者が、
露地の作付をしたいと農地のあっせんに来られました。
ちょうど、良い場所が見つかりましたが、
そこは口頭でしか預かっていない場所でした。
貸す約束をした後
地主を呼んでと考えていたとき、
偶然にも窓口に来られました。
そこで書類の提出をお願いしたところ、
快く引き受けてくれました。
(さすが同級生)
先に提示した場所は、
ラッキョウを植えてあるとのことでしたので、
記入いただいた別の場所を貸すようにしました。
ともあれ、
今まで遊んでいた農地が活用されるのは非常にうれしいことです。

一区切りしたところで、
明日の名城大学での演内容の確認をします・・・・・・