福井県青年農業者等育成センターHPより 

農業を始める前に 

農業を始めるにあたっての心構えとセルフチェック

相談窓口 イラスト 

1.自分が本当に農業をやりたいのか、農業に向いているのか、もう一度冷静に考えてみましょう。         

農業は自然が相手ですから一度災害にあえば収穫がなくなってしまうおそれがあります。
会社勤めより楽しそうだからとか田舎暮らしにあこがれるからという安易な理由ではなく、明確な目標を持ち、また、農業に対する意欲と情熱が必要です。

2.ある程度の自己資金は確保しておきましょう。         

新規参入の方は、親の農業経営を継ぐという方の場合と違いゼロからのスタートですから、初期の設備投資に相当なお金が必要となります。
また、農業で生活できるようになるまでには、おおむね2~3年を要するため、自己資金はなるべく多く確保しておきましょう。

3.農業技術を習得しましょう。         

農業は、明日から始めようと思ってもすぐにというわけにはいきません。
農業経営を開始するためには、ある程度農業技術を習得しておかなければなりません。そのため、いろいろな研修制度を利用して技術を習得しましょう。

4.家族の協力を得ましょう。         

農業は、サラリーマン生活とは違い、家族単位で農業をすることになります。
そのため、配偶者や、両親、子供さんの理解が得られるよう、事前に十分な話し合いをしましょう。

5.地域とのコミュニケーションを大切にしましょう。         

農村で生活を始めるには、周りの方の協力が必要になることもあります。
そのため、農村での行事には積極的に参加するなど、地域社会にとけ込む努力も大切になります。

セルフチェックしてみましょう!!

全国新規就農者相談センターHP 診断するツールより

ネット検索 イラスト