本日(9月15日)10:40~10:50
FBCラジオ放送 AM864kHz「良ーいドン!!」の
いまが食べ頃情報のコーナーにて
三里浜砂丘地の浜四郷地区で
今、収穫真っ盛りの旬の
果物の王様アールスメロンが紹介されました。

DSCN1776 DSCN1779 DSCN1781 DSCN1782

JA花咲ふくい メロン部会長 坊野さんが
福井県坂井市三国町黒目にある浜四郷野菜集出荷場にて紹介しました。
坊野さんはアールスメロンを作り続けて35年。
今年のアールスメロンは7月8月の天候により
大玉揃い、そして網目も綺麗、
たくさんの「秀」品が集荷場に並んでいるそうです。
もちろん糖度もばっちり15度。水分が多く、とても美味しい。
ラジオでもアナウンサーが試食していました。

アールスメロンの品種は「モニカ」。
6月10日に播種。約3か月弱で収穫に至るそうです。
アールスメロンは春作と秋作の2回栽培されます。
秋作は9月上旬から10月いっぱいまで収穫されます。

浜四郷地区の43戸のメロン農家が
丹精込めて作ったアールスメロン。

DSCN1789

今月9月19日20日両日、
10時から12時。13時から15時の2部にわたって
道の駅 みくににて、アールスメロンの試食会が行われるそうです。
同日、道の駅 みくにでは「アールスメロン祭」です。
是非ともご購入・ご賞味ください。

FBC放送のHP 9月15日11:39の記事より

婚礼シーズンに人気“メロンの王様”出荷が最盛期に~坂井市三国町

秋のブライダルシーズンに入り、坂井市三国町では贈答用として人気が高い高級メロンの出荷が15日、最盛期を迎えました。表面に独特の網目模様とアンテナと呼ばれるツルがありメロンの王様といわれるアールスメロン。高級感があり、主に結婚式の引き出物や敬老の日の贈り物として人気があります。

坂井市三国町の浜四郷地区では43戸の農家がハウスで栽培していて、出荷は最盛期を迎えました。

JA担当者は「今年の夏は日照時間もたっぷりあって糖度も十分あり、大変良い出来になっている」と話していました。

アールスメロンは県内をはじめ関西方面の市場に出荷していて、JAでは来月下旬までに去年とほぼ同じ8万個の出荷を見込んでいます。