以下、新農業人のHPより

農業で働くって?

農業を仕事にすることを「就農」と言います。
「就農」するには、大きく分けて「独立就農」と「雇用就農」の2通りがあります。
「独立就農」
自分で農業を営む土地を見つけ、自らがオーナーとして農産品を育て出荷する方法。
「雇用就農」
農業を営む農業法人などの会社に入社し、その会社の従業員として農産品の生産・出荷に携わる方法。
★「独立就農」「雇用就農」それぞれに、面白さ・やりがいがあります。

自分の目で確かめる

「現場へ行く」というステップを踏むことは、あなたのイメージと実際とのギャップを埋めたり、自分の適性を再考したり、就職・研修・入学先とのコミュニケーションを深める機会となります。
複数の農場・地域・学校を見学・体験し、比較検討することも大切です!
それが、「自分に合った場所」を選ぶことになります。

農業や就農について、詳しく知りたい方

新しく農業を始める場合の相談窓口として、全国新規就農相談センターがあります。
相談内容に応じて、農業を始めるために必要な情報、自治体などの受け入れ支援措置などの情報を提供し、相談を受け付けています。
また、(公社) 日本農業法人協会と連携して、農業法人の求人・研修情報を収集し、提供しています。
求人情報は、こちらのページで公開しています。

全国新規就農相談センター
住所:〒102-0084 東京都千代田区二番町9-8 中央労働基準協会ビル2F
TEL:03-6910-1126
サイト:http://www.nca.or.jp/Be-farmer/

(公社) 日本農業法人協会
住所:〒102-0084 東京都千代田区二番町9-8 中央労働基準協会ビル1F
TEL:03-6268-9500
サイト:http://hojin.or.jp/

ここ福井県の三里浜砂丘地で農業を始める場合には

三里浜砂丘地農業支援センター
住所:福井県坂井市三国町山岸67-1
TEL:0776-43-0839

以下、第一次産業ネットのHPより

新規就農するには?

まずは農業法人などで勤めながらノウハウを勉強していくことがよいでしょう。また非農家である場合は農地などを用意する必要があります。その場合も勤め先で信頼してもらえるようになれば、その地域で農地を借りることができるようになるでしょう。

農業大学校とは?

農業大学校では、高校卒業者レベルを対象とした農業の実践的な学びを提供しています。作物ごとに専攻が分かれており、水稲、野菜、花卉、果樹などの栽培方法について学ぶことが出来ます。また、社会人を対象とした研修プログラムなども用意されており、新規就農に向けて基礎から学びたい、短期集中プログラムに参加したいという方は、一度各自治体の農業大学校に問い合わせてみるといいでしょう。
ここでの農業大学校は、福井県では「ふくい園芸カレッジ」にあたります。
詳しいお問い合わせ先はこちら または 県の研修施設に通うのページまで