福井新聞のHP 2015年8月16日午後5時18分のニュース記事と
JA花咲ふくい きららの丘ブログ(画像も)にて

16日(日)に恒例の『ジャンボスイカコンテスト』ジャンボスイカコンテストが開催されました。 今年の一位はなんと71キロ!成人男性並みのジャンボサイズでした。 皆様も来年ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

巨大過ぎるスイカ、重さは大人以上 あわら市でコンテスト

コンテストで優勝した71キロのスイカと、育てた浜中さん=16日、福井県あわら市牛山の「きららの丘」

スイカの重さを競う「第9回素人ジャンボスイカコンテスト」の審査会が16日、福井県あわら市牛山のJA花咲ふくい農産物直売所「きららの丘」で開かれた。福井市の会社員、浜中憲一さん(67)が71キロで優勝した。
あわら市と坂井市三国町にまたがる坂井北部丘陵地特産のスイカをPRしようと毎年開いている。5月上旬から観賞用の品種「でえらいすいか」の苗をコンテスト用に配布したところ、34個人4団体がエントリー。審査会には9個人4団体が臨んだ。
浜中さんはジャンボスイカの栽培は初めて。自宅の畑で育てている通常のスイカと比べ「水やりや肥料やりで倍ほどの手間がかかった」と振り返る。当初は50キロも育てば十分と思っていただけに「初めてにしては上出来」と満足げな様子。「育て方も分かったので、来年は(同大会の最高記録91キロを超える)100キロを目指したい」と話していた。
会場では買い物客らがずらりと並んだジャンボスイカの写真を撮ったり、触ったりして楽しんでいた。またジャンボスイカが切り分けられ振る舞われた。