ハウスに入ると新聞紙に包まれたものがたくさん…  一玉ずつ新聞紙をかけていきます 新聞紙をホッチキスでとめると出来上がり

アールスメロン(ネットメロン)のビニルハウスに入ると、そこにあるのはメロンではなく、大量の新聞紙がブラブラ…笑

これは、「袋かけ」と呼ばれるアールスメロンづくりの欠かせない作業の一つ。

アールスメロンの命は、白い肌と美しいネット。

肌を白く仕上げるためには、強い太陽光線は禁物。

そのため、収穫の20日前ころには、メロンに新聞紙をかけるんです。

袋かけ作業が終わると、あと少しで収穫ですね。

9月初めころには収穫が始まり、市場に出回る予定です。