DSCN1410[1]

機械を使って堆肥散布中

猛暑が続いていますが、砂丘地では11月から収穫が始まる秋冬ニンジンの作付け準備作業が急ピッチで行われています。

この日は、ブレンドキャスターという機械を使って、農家がニンジンを作付けする畑に堆肥散布を行っていました。

手作業よりずっと効率的で、しかも楽に散布作業が進んでいました。

あと10日ほどで、ニンジンの種まき作業が始まります。

しばらく雨が降らず、猛暑が続いていますが、種まきが始まる旧盆すぎには降ってほしいですね~

DSCN1412[1]

ニンジンには土づくりが大切