DSCN1420[1]

園芸研究センターに新設されたスマートアグリ研究ハウス

開講式のようす

スマート園芸コース開講式のようす

DSCN1421[1]

研究ハウスで栽培されているパプリカ

福井県園芸研究センター(福井県美浜町)でこのほど、ふくい園芸課カレッジ「スマート園芸コース開講式」が開催されました。

当日は、受講生や県内農家、関係機関ら約80名が参加し、開講式のあとは、研究施設の見学や記念講演が行われました。

記念講演は、千葉大学大学院教授丸尾氏を講師に、ICT技術を活用し、ハウス内の温度や湿度、CO2濃度等の栽培環境を統合的に制御することで、生産性を向上しようという内容で行われ、参加者が熱心に耳を傾けていました。

三里浜地域からも2名の新規就農希望者が参加し、施設園芸の将来についてのよい刺激になったようでした。