ふくい園芸カレッジ研修生、三里浜砂丘地にて構外学習

7月28日にて
三里浜砂丘地の里親農家である
竹内氏のアールスメロンのハウスにて
ふくい園芸カレッジの研修生が構外学習を行いました。

研修目的として、
里親さんの経営品目や栽培技術のポイントを知るとともに、
新規就農する際の注意点(施設と露地における品目の組み合わせ方、
労力に合わせた適正な規模、低コスト化)などを学ぶ事。
さらには
メロン+コカブ等の年間作付体系、
収穫調製労力に合わせた秋冬ダイコンの作付面積
について学んだそうです。

やはり現地で直接、
栽培だけでなく、実際の経営的な話も聞けて、
今後の就農に向け、たいへん参考になったとの意見が多くあったそうです。

ふくい園芸カレッジの福田様
研修内容教えていただいてありがとうございました。

ふくい園芸カレッジ 竹内氏のアールスメロンのハウスにて

ふくい園芸カレッジの詳しい内容はこちらまで