福井市のHPより掲載されました。

熱中症今年も、熱中症の季節がやってきました!
正しい知識と適切な行動により熱中症を防ぎ、楽しい夏を送りましょう

熱中症の要因!
(1)環 境・・・高温、多湿、風が弱い、日差しが強い、閉め切った室内、急な温度上昇
(2)からだ・・・高齢者、乳幼児、肥満、糖尿病、低栄養、体調不良(風邪など)、寝不足
(3)行 動・・・激しい運動、慣れない運動、長時間の作業、水分補給不足

熱中症を予防しよう!
(1)部屋の温度をこまめにチェック!
(2)室温は28度を超えないように、エアコンや扇風機を活用!
(3)のどが渇かなくても、こまめに水分補給
(4)外出の際は、しめつけない涼しい服装で、日よけ対策も!
(5)適度な休憩!
(6)日頃から、バランスのよい食事と体力づくり!

詳しくは→福井市のHPまたは福井県のHP

農家の方には
農林水産省では以下のように防止策を通知しています。熱中症1

夏場等の暑熱環境下での作業は、熱中症(熱射病、熱けいれん、熱まひ)を生じる恐れがあるので、次の事項に注意してください。

  • 日中の気温の高い時間帯を外して作業を行うとともに、休憩をこまめにとり、作業時間を短くする等作業時間の工夫を行うこと。水分をこまめに摂取し、汗で失われた水分を十分に補給すること。 気温が著しく高くなりやすいハウス等の施設内での作業中については、特に気を付けること。
  • 帽子の着用や、汗を発散しやすい服装をすること。作業場所には日よけを設ける等できるだけ日陰で作業するように努めること。
  • 屋内では遮光や断熱材の施工等により、作業施設内の温度が著しく上がらないようにするとともに、風通しをよくし、室内の換気に努めること。作業施設内に熱源がある場合には、熱源と作業者との間隔を空けるか断熱材で隔離し、加熱された空気は屋外に排気すること。

詳しくは熱中症予防声かけプロジェクトのHPにて

農家の皆様も十分にご注意してください。