福井県 6月の農業技術情報(野菜)

福井県HPより

平成30年5月の現況と6月の対策(野菜)

http://www.pref.fukui.jp/doc/noushi/kongetsu/kongetsu2018_d/fil/yasai06.pdf

現 況 (30年5月20日現在)

1 施設野菜

果菜類
(1) トマト
福井地区では、2月下旬定植の早いもので 7段果房が開花始めで、5月18日から収穫開始(平年並み)し、選果場が稼働し ている。南越地区では、3月下旬定植で3段果房が開花している。
灰色かび病が微発である。

(2) ミディトマト
坂井地区の促成長期どり栽培は、18~25段花房を収穫中 である。生育後半となり、草勢がやや弱めとなっているが、 収穫は順調に進んでいる。
葉かび病が少~中発、うどんこ病が少発、コナジラミ類が少~中発である。
半促成栽培は、福井、坂井地区の3月中・下旬定植のものは、4~7段果房が開花しており、早いところで5月下旬から出荷見込みである。

(3) キュウリ
3月中旬定植の福井地区では、継続収穫中である。
うどんこ病が少発である。

(4) スイカ
三里浜砂丘地では、開花は4月20日から始まり盛期は4月下旬であった。
アザミウマ類、アブラムシ類が局少発である。

(5) メロン
アンデスメロンは、開花交配が4月26日から行われ、一部で着果不良となった圃場も見られた。アールスメロンは、5月10日から平年よりやや遅めに開花が始まり、 5月下旬から収穫見込みである。
三里浜砂丘地のマルセイユメロンは、開花交配が4月14日から行われている。一部で低温による活着不良や雌花の着生が不良 となっている圃場があるものの、生育は進んでおり、ネット発生初期となっている。南越地区では、ネット発生期となっており、平年並みの6月中旬から出荷見込みである。
アブラムシ類が少発、べと病が局少発である。

(6) イチゴ(高設)
各地区では、5月中~下旬でほぼ終了している。

葉菜類
軟弱野菜
福井地区では、4月上旬播種のホウレンソウを約40~45日で収穫中である。

根菜類
(1) ダイコン
三里浜砂丘地では、収穫が平年並みの4月下旬から始まり、継続出荷中である。

2 露地野菜

果菜類
スイカ
三里浜砂丘地では、トンネル除去開始が 5月15日から行われた。
生育は平年並み~やや遅めとなっている。
越前市白山地区では、4月下旬から定植された。生育は平年より遅めとなっている。

カボチャ
坂井地区では、5月9日頃からトンネル除去 を開始しており、生育は順調に進んでいる。

一寸ソラマメ
坂井地区では、肥大期で5月末から収穫見込みである。
赤色斑点病が微発である。

スイートコーン
福井地区では、永平寺町で4月下旬から順次定植された。草丈59cm、葉数9.0枚で、昨年より草丈が長く、生育は早めに なっている。旧清水町では4月中旬から順次定植されている。
ヨトウ類が微発である。

葉菜類
(1) ブロッコリー
3月下旬から4月下旬定植の福井地区では、早いもので6月上旬から収穫見込みである。
アオムシが少発、コナガが局少発である。

(2) ネギ
3月下旬から始まった各地区の夏秋・秋冬どりの定植は、定期的な降雨により作業が遅れぎみであるものの、5月下旬に終了する見込みである。
4月上旬定植では、葉鞘径が坂井地区で8~10㎜である。
4月下旬定植では、葉鞘径が坂井地区で5~6㎜である。
さび病が微発、ハモグリバエ類が微~少発 、アザミウマ類、ネキリムシ類が微発である。

(3) キャベツ
坂井地区では、越冬初夏(5~6月)どりは5月末から収穫見込みで、生育は昨年より5~7日程度遅い。

根菜類
(1) ダイコン
三里浜砂丘地では、5月16日から出荷が始まり、生育は平年よりやや遅めである。

(2) タマネギ
福井地区では、草丈50㎝、生葉数5.9枚、球径3.5㎝となっている。収穫は、早生は5月末から、中生は6月15日頃から始まる見込みである。
坂井地区では、草丈40~60㎝、葉数6~7枚、球径2.0㎝である。平年より小さい生育である。
葉先枯れ症が微発である。

ラッキョウ
三里浜砂丘地では、4月下旬以降、生育量は平年より生育旺盛となっている。一年掘りは5月23日から収穫が始まっている。なお、三年子は6月上旬から出荷予定となっている。

カンショ
坂井地区では4月25日から定植開始となっている。定期的な降雨により、定植作業はやや遅れている。

ニンジン
三里浜砂丘地では、早いもので本葉8~9枚で、生育は播種日によりばらつきが ある。

ニンニク
福井地区では、草丈76㎝、生葉数9枚で、草丈は平年よりやや短めである。
さび病が微~少発、春腐病が少発である。

対 策

5月は、気温が高めに推移したため、生育は順調に経過している。ただし、例年より害虫の発生が早まっていることから早期発見、早期防除に努める。
これから梅雨時期に入ると曇天が続き、草勢も軟弱になりやすく病害も多発する。また、降雨が続き土壌水分が過多になることで 、根群が衰弱し草勢の低下を招きやすくなる。さらに、急激な土壌水分の変化は、果菜類の食味低下や裂果を発生させる要因となり、品質・収量低下の原因となる。このことから、梅雨入り前には、再度排水対策を徹底するとともにハウス換気に留意する。また、草勢を見ながら整枝、摘葉、摘芯、追肥、防除等の 適正な肥培管理を行う。

1 施設野菜

果菜類
(1) トマト
上段果房の肥大期となるので、土壌水分を確保し、込み合った部分 の葉を摘除、剪葉する。換気を十分にしてハウス内の気温や湿度を下げ、養分消耗の抑制と葉かび病、灰色かび病等の発生防止に努める。また、土壌水分の急激な上昇は裂果の原因になるので、ハウス周囲の排水溝を整備して降雨等の浸透を防ぐ。

 (2) ミディトマト
日照不足と夜間高温が続くと糖度の上昇が悪くなるので、ハウス換気 とともに込み合っているところでは摘葉を行う。かん水を控えめにすることで糖度の上昇を促進させる。
しかし、水田地帯のハウスでは、周辺水田からの入水や降雨による地下水位の上昇が糖度低下や裂果の原因となるので、ハウス周囲の排水溝 等を整備し、ハウス内への入水を防ぐとともにハウス内土壌の乾燥に努める。 さらに、病害虫の発生時期と重なるため、葉かび病、灰色かび病、コナジラミ類、アザミウマ類の防除を徹底して、健全葉を維持し、草勢や果実品質の低下を防ぐ。特に、アザミウマ 類は金粉果の発生原因やトマト黄化えそウイルスを媒介するので注意する。 なお、トマト黄化葉巻病は、タバココナジラミにより永続的に伝搬されるので、防虫ネットの設置による侵入防止と発生初期の徹底防除を図る。

(3) キュウリ
草勢が急激に低下すると、曲がり果や尻細り果等が多くなるので、着果量を考慮しながら追肥やかん水により草勢維持を図る。 また、親づるの摘葉、子づるや孫づるの整枝等を行って日当たりや通風を良くするとともに 、ハウス換気を十分に行うことで生育の安定と灰色かび病やべと病等の発生防止に努める。なお、摘葉を行うときは、1回 に多くの葉を摘除すると草勢を低下させるので、 1回当り2枚程度までとする。

(4) スイカ
玉の肥大促進のため、開花後25日間程度は土壌水分を確保するが、その後は糖度上昇を促進するためかん水は控えめにする 。しかし、極端な草勢低下は食味を悪くするので、収穫期までに著しく草勢が低下しないよう 草勢を見ながらかん水を行う。また、果実の肥大盛期を過ぎて再びつる先に着果 を確認した場合、収穫する果実の肥大や品質を低下させるので必ず摘果する。さらに、収穫の約2週間前には玉直しをして果実底部の着色を促すとともに、病害虫防除を行って健全葉を確保する。

(5) ネットメロン
ネット完成期以降の養水分過剰は、2次肥大による稜角果や微細なネットが発生する原因となる。また、収穫前の土壌水分過剰は糖度不足や裂果の原因になるので 、かん水は控え目にすること。しかし、極端な土壌乾燥も石灰の吸収抑制や草勢低下による発酵果の原因となるので注意する。なお、草勢低下につながるつる枯病、菌核病等の防除 は事前に対処しておく。

葉根菜類
 (1) 軟弱野菜
ホウレンソウ等は高温によって急激に生育が進むため、収穫遅れにならないよう計画的な収穫に努める。なお、これから播種する場合は、高温や日照不足によって徒長しやすくなるので播種密度を下げるとともに 、換気を十分に行い多かん水を避ける。高温 の栽培となるため、収穫適期が短くなるので段播きを徹底する。

2 露地野菜

果菜類
(1) スイカ
梅雨入り前の6月上旬までに一斉着果させ る。着果後は早めに追肥を行い、かん水量を増やして果実肥大を促す。梅雨入り以降に着果となる場合は、花が雨にあ わないようにトンネル等で雨よけをしながら着果を促す 。また、ソフトボール大になったら 、果形の良いものを2つるに1果を残し、後は摘果し着果標識を立てる。さらに、着果後は根群発達が悪くなり、急激な草勢低下や病害の発生が見られる。このため 、着果節位よりつる先の側枝を放任して根群の維持を図るとともに、つる枯病等の病害防除を 徹底する。

(2) ナス、ピーマン
収穫開始頃から追肥を始めるとともに、土壌水分を確保し て、草勢の維持と果実品質の向上に努める。特に土壌水分の不足は、果実肥大 を悪くするだけでなく、日焼け果や尻腐れ果の発生を助長するので、畝間(通路)が常に湿っている程度になるよう、必要に応じてかん水を行う。また、秋まで長期に栽培されるナスやピーマンは 、根群の健全化が特に重要であり、肥料切れをしないよう追肥するとともに排水対策を徹底する。さらに、病害虫防除を徹底して健全葉の維持確保に努める。

(3) キュウリ
初期生育を確保するため主枝は7節目位から着果させ、収穫始め頃から追肥を行う。梅雨期に入るとべと病が発生しやすくなるので、込み合ったところの摘葉を行って 風通しを良くするとともに予防散布を徹底する。 なお、耕種的防除として、稲ワラなどによるマルチも雨による泥はねを防ぎ病害の発生 を軽減させるため利用する。

 (4) カボチャ
親づるでは12~15節、子づるでは8~10節に着果させるので、着果節位までの側枝や雌花は早めに除去する。また、開花期に訪花昆虫が少ない場合は午前 9時頃までに人工交配を行う。1番果 の着果が確認されたら次の果実 は摘除する。果実が野球ボール大になった頃の草勢が弱くつる先が立っていな場合には、つる先付近に追肥を行う。

(5) イチゴ
親株は発生したランナーを 20cm程度の間隔に配置する。土が乾燥するとランナーの発生が悪いので、必要に応じて適宜かん水を行う。ハダニ・アブラムシの防除を徹底する。薬剤抵抗性を回避するため同一系統の薬剤を連用しない。

葉菜類
 (1) ネギ
草丈や葉鞘茎の伸びを確認しながら、天候を見計らって 追肥、土寄せ作業を行う。梅雨入り前に、圃場周辺の排水対策を再確認するとともに、軟腐病、白絹病対策として粒剤を必ず散布する。

根菜類
 (1) サトイモ
6月中旬頃から子いもが着生し始めるので、覆土が浅い場合は土寄せを行 って、過剰な子いもの着生を抑えて肥大を促す。また、アブラムシやハダニの防除を行い、健全葉を確保する。

(2) カンショ
植付けが遅れると地温が上がりすぎて 、いもの形成が悪くなるので、6月中旬までに定植を終える。また、定植は曇天や夕方に行い、株元に土を置いて葉がマルチに触れないようにする。

3 梅雨入り前および梅雨入り後の管理

(1) 草勢維持
ア ハウス回りや圃場周囲の排水溝、圃場内の畝間を整備し、雨水が速やかに排水し、圃場内や畝間等に滞水しないようにする。

イ 草勢、葉色、果実肥大速度等を見ながら 追肥を行う。

ウ 夜間が高温となる時は、換気を十分に行って呼吸による養分消耗を抑制する。

エ 整枝、摘葉等により採光を良くする。

 (2) 病害虫防止
ア ハウスの破損部分を早急に補修し、雨漏りによる作物への濡れを防ぐ。

イ 暴風雨時は、ハウスを閉めて雨が吹き込まないようにする。

ウ 整枝、摘葉等は晴天日に行い採光、通風 を良くする。

エ マルチや敷きワラをして雨による作物への土の跳ね上がりを防ぐ。

オ マルチ上に水溜りができる場合には、穴を開けて排水する。

カ 雨が続く場合には、雨の止み間をみて病虫害の予防散布を行うこと。

お問い合わせ先

福井県農業試験場

電話番号:0776-54-5100

ファックス:0776-54-5106

メール:noshi@pref.fukui.lg.jp

〒918-8215 福井市寮町辺操52-21

受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

 

福井県内農業の動き | 福井県 6月の農業技術情報(野菜)