今日の三里浜は、穏かに晴れあがり陽だまりは暖かすぎるぐらいです。

さて畑では、ラッキョウの草取りに励む人、圃場準備(ダイコン・ニンジン)に励む人、

はたまた露地の春ダイコンの播種を終えて、見事なビニールのトンネルが出来ています。

これは、『抽苔』防止のための寒さ対策です。

4月初旬から徐々に換気し下旬には、覆ってあるビニールの撤去をします。

収穫は、5月下旬頃で柔らかいすべすべした砂丘地大根がお目見えします。

ちなみに、『抽苔:ちゅうだい』とは、種子が吸水を始めてから14日間ぐらいの低温感受(10℃以下)で花芽分化が始まり長日になると花芽が伸びる現象をいう。

 

20180312ダイコンマルチトンネル

 

 

センターのつぶやき | 春の息吹が感じられます。