就農を始めるにあたり、国また県・市からはどんな支援があるのか情報収集しておくことが大事です。以下は坂井市の新規就農支援事業を一覧表にまとめました。

坂井市における新規就農支援事業について【令和元年度~】

三里浜砂丘地における新規就農支援について

三里浜砂丘地 新規就農支援一覧表

 

詳しくは 国のサポート県・市のサポートをご覧ください。

認定農業者制度の概要

認定農業者制度は、農業者が農業経営基盤強化促進基本構想に示された農業経営の目標に向けて、自らの創意工夫に基づき、経営の改善を進めようとする計画を市町村等(複数市町村で農業を営む農業者が経営改善計画の認定を申請する場合は、営農区域に応じて都道府県又は国が認定)が認定し、これらの認定を受けた農業者に対して重点的に支援措置を講じようとするものです。

このような中、平成24年度から、各地域が抱える「人と農地の問題」の解決を図るため、集落・地域の話合いにより、今後の地域の中心となる経営体を定め、そこへの農地集積を進めるため、「人・農地プラン」を作成する取組が始まりました。また、平成29年度から、農業者による申請手続きの手間の軽減や市町村による認定手続きの「見える化」が進むように、本制度について運用改善を行いました。

複数市町村で営農する認定農業者の手続

複数市町村で農業を営む農業者が経営改善計画の認定を申請する場合は、営農区域に応じて都道府県又は国が農業経営改善計画の認定を一括で行うことになりました。
なお、現時点で既に特定の市町村で認定を受けている農業経営改善計画の有効期間中は、改めて都道府県又は国への認定申請を行う必要はありません。

農林水産省 認定農業制度 より

 

認定農業者とは、農業経営基盤強化促進法に基づく農業経営改善計画の市町村の認定を受けた農業経営者・農業生産法人のことです。担い手農業者とも呼ばれます。認定を受けると、金融措置や税制措置などの支援を受けることができます。また、担い手対策を中心として、実施するために認定農業者であること、あるいは集団に認定農業者が含まれることが条件となっている国の事業が増加しています。なお、経営改善計画は5年間の計画であり、認定を受けてから5年経過した場合、再度計画を提出して再認定を受けないと認定農業者の資格を失います。

農林水産省HPの認定農業者制度の創設の経緯と概要より

農林水産省HPの「農地集積を促進するための法律(農業経営基盤強化促進法)について」より

就農計画書の作成に関しては、市や農林総合事務所までご相談ください。

 

青年等就農計画制度

青年等就農計画の認定の仕組み青年等就農計画制度は、新たに農業を始める方が作成する青年等就農計画を市町村が認定し、これらの認定を受けた新規就農者に対して重点的に支援措置を講じようとするものです。

農林水産省HPの青年等就農計画制度についてより

 

福井では

実際に農業を始めていくと栽培技術面や資金面などのいろいろ

農家支援イラスト

な課題が生じてきます。そこで、県をはじめ各農林総合事務所、市町、農業協同組合などの関係機関では新規就農者に対する活動支援を行っています。

 

農林総合事務所(農業経営支援部または技術経営支援課)

…普及指導員が新規就農者に対して技術や経営方法について個別濃密指導等に一貫した支援活動を行います。

 

市町(農業委員会)

…新規就農希望者や農地を確保したい方に対しての農地の斡旋を行います。

福井市農業委員会HP坂井市農業委員会HP

 

農業協同組合

…営農指導員が技術・経営指導を行います。また、農業資材の斡旋、農畜産物の集荷・販売・資金融資など幅広い事業を行います。

 

福井県農業協同組合HP

さらに三里浜砂丘地では

三里浜特産農業協同組合三里浜地区土地改良区とも連携して北陸農政局からの助言・指導のもとに、

①省力機械の導入による露地野菜の生産拡大農家支援イラスト5
②砂丘地土壌を活用した高品質フルーツ産地の育成
③施設を利用した周年型園芸の生産拡大
④新たな担い手の育成
⑤生産基盤の整備
を目指しています。