6月10日から播種が始まった、アールスメロンがついに収穫時期となりました。

収穫が近づいたハウスは、JA職員が全棟糖度検査を行って、合格したメロンのみ出荷されます。

今年は夏が好天で気温も高かったので、農作業は過酷でしたがメロンは良い物が出来ました。

出荷されたメロンは、県内のスーパーや道の駅で販売されています。県外では、大阪、兵庫にも出荷されます。

アールスメロン20160905  糖度検査

メロンの収穫の目安は開花からの日数と、メロンのついているところの葉の枯れあがり(苦土欠)をみて判断します。

苦土欠  ダイコン20160905

また、露地の畑では8月に播種したダイコンがすくすく育っています。

いまのところ風の影響は少ない様で、生育はまずまずです。

三里浜農業の動き | 抑制アールスメロンの出荷が始まりました。